Xbox360、PC、A&V、アニメ等を本音でつぶやくblog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだ噂の域を出ない情報ですが、任天堂の次世代機の話がちらほら出ています。
どうやらE3で正式発表がくるらしいのですが、どうやらその噂段階でのハードウェアがXbox360に似ているようなのでこちらで語ってみる事にしました。

[情報元:Gamespark]

■Xbox 360に似た構造を持つ、しかしもう少しパワフル
■仕様(3コアカスタム IBM PowerPC CPU、シェーダーver. 4.1 ATI R700同系 GPU、少なくとも 512MB RAM )
■Wii(※全ての周辺機器を含む)とゲームキューブのゲームに対する互換性


個人的に気になったのはこの3点。
性能に関しては現世代機より高くないといくらなんでもしょっぱいでしょう。
プロセスルールも大分微細化が進んでいますし、360よりちょっとパワフルなくらいなら消費電力もかなり抑えられるでしょう。
でも360よりちょっとパワフルなくらいだと、1080pで60fps出すのは苦しいかな?まぁ詳細スペックが発表されない事にはわかりませんが。

CPUは諸説言われていますが、採用歴や互換性を考えるとPowerPC系が濃厚なのではないでしょうか。
そしてGPUがR700系とありますが、つまりRadeon HD4000シリーズと。EverGreenではないのか?
R700はパフォーマンスはいいんですが、消費電力も結構…。

個人的にXbox次世代機では互換性とテッセレーション性能を加味して、Northern IslandsのCayman系が採用されたら楽しいなーとか思っています。
もちろんCayman PROなんてそのままじゃカードのTDPだけでゲーム機一台のTDPを超えてしまうので、相当抑え目にしないとはいけないと思います。
SP数は800くらい欲しいけど、400くらいが現実的ですかね。28nmのSouthan Islands採用になれば800でもいけるか?無理か…。
DirectXを牽引するMSとしては次世代XboxでDirectX11を採用すればPCゲームとの親和性が益々進みゲーム業界全体のスペックアップにつながり非常に良いのではないかと。

そしてゲーム機全体が抱える互換性の問題。
Wii、及びGCの互換性がある。もし完全互換があるとしたら、ハードウェアの構成を引き継ぐか、前ハードウェアを丸々乗せるか。
後者はコストがかかるので、前者が現実的な気もしますがそうなるとR700系GPUの搭載はないかな…。
確かGCはArtX系GPUでWiiもその後継なんじゃないかと。
エミュレーションだと360で一部のソフトのみ対応。PS3は ・ ・ ・ (´д`)互換マダー?みたいな悲惨な事になりますし。

任天堂次世代機に呼応してMSも次世代機の発表があるとか噂されていますが、願わくばPowerPC系CPUとAMDのGPUで互換性をとってほしいです。

以上妄想炸裂の戯言でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://xbox360watch.blog81.fc2.com/tb.php/991-64b3a0a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。