Xbox360、PC、A&V、アニメ等を本音でつぶやくblog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Dの食卓等の代表作で知られるイノケンこと飯野賢治氏が、新作ゲームのDL販売ができるWiiウェアを新しい販売システムと、またこれこそWiiのコードネームであるレボリューション=革命だ、と絶賛しています。
しかし現行ゲーム機でいえば、Wiiより前にXbox360がXboxLiveArcadeで実装していますし、PS3でも同様の機能があります。

また古くはメガドライブがメガモデムによりファンタシースターテキストアドベンチャー等のゲーム配信を行っていました。(パダヤッパさんより華麗なツッコミフォロー)
まぁメガモデムはテレホーダイすらなかった時代にやるには先進的過ぎたと言えますし、常時接続環境が一般的になった今だからこそ成立するビジネスだというのはわかります。

しかし、さもWiiが先陣を切って新しい販売システムを確立したかのような言い回しはゲーム業界関係者としてどうなのかと思います。
(Wiiウェアがバーチャルコンソールと切り離されており、スマートな広告を打っているのでわかりやすいという要因はあると思いますが。XBLAはそのへんわかりづらいのが難点。XboxLiveDownloadGemesとでも改名すればいいのではないかと。)

一応パッケージコストがかからないので安く出来る、またその為アイデアゲームを企画しやすい等のDL販売のメリットは説明しているのですが、そもそも冒頭で紹介しているゲームがDrマリオとファーストパーティーの過去ゲームの焼き直し版ではいまいち説得力がありません。(紹介するならFFクリスタルクロニクル:小さな王様と約束の国の方が良かったのでは・・・)

[情報元:産経ニュース【サブカルさ~ふぃん】]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://xbox360watch.blog81.fc2.com/tb.php/683-a874ec0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。