Xbox360、PC、A&V、アニメ等を本音でつぶやくblog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Xbox LIVE community gamesが発表されたそうです。
これはMicrosoftが以前から提唱してきたゲーム版YouTubeを実現させるシステムのようです。

ひにけにXNAより引用

ゲームの登録手順の概略は以下のようなっています。
 ○ゲームを作る(大事なことなので忘れないように)
 ○ゲーム登録
   >コミュニティゲーム登録サイトで作ったゲームを登録する(クリエータークラブ会員であることが必要)
   >ゲーム内の暴力表現等の有無は自己申告
 ○ピアレビュー
   >他のクリエータークラブ会員が登録されたゲームをダウンロードする
   >ゲームの評価をする
   >一定のレビュー数に達した時点でコミュニティゲームとして登録される
 ○コミュニティゲームを遊ぶ
   >登録されたゲームはXbox LIVEアーケードのゲームと同じようにXbox LIVE マーケットプレースからダウンロード、遊ぶことができる


ゲーム登録サイトにゲームを登録し、クリエータークラブ会員のレビュー数が一定以上になる事で、Xbox360上のXboxLiveマーケットプレースからダウンロードできるようになるようです。
無料・有料の設定もできるようです。
またゲーム登録サイトに登録するためには、クリエーターズクラブの会員でなければなりません。
まぁレビューを通ればXbox360上で実行されるわけで、デバッグする為にもクリエーターズクラブ会員への加入は必須といえるでしょう。
また実績・ゲーマースコアは適用されないようです。リーダーボートも使えないようです。
(自分でリーダーボードが実装できれば良いのですが)

条件に違反したゲームはMicrosoftが無条件に削除する権利を持っています。
無申告の暴力表現や性的表現、差別表現、著作権の侵害等が適用されそうです。
特に一番難しいのが著作権でしょう。
レビューを通ったゲームが数多くなった場合Microsoftが審査しきれるのか。
ニコニコ動画のように著作者が申告する事によって削除する事ができるような無法状態になるのか。

しかし、これでXNAでゲームプログラミングをするメリットが格段に上がったと言えそうです。
有料にした場合の料金設定や、売り上げの支払い等まだ未知の部分が多いですが、個人でコンシューマー機を対象としたゲーム制作が可能になるというのは画期的な事だと思います。
英語に対応させれば、北米の広い市場を対象にできる事も(一般のゲーム企業と同様ですが)特徴だと思います。

[情報元:ひにけにXNA][IT media]
コメント
この記事へのコメント
これはいいですね~
このような形で参加できるとは思ってなかったですね~
2008/02/21(木) 13:06 | URL | ルナシェイド #soAA/TJg[ 編集]
後は日本版の正式発表を待ちたいですが、日本でコミュニティがどれくらいの規模になるか・・・。
なるべく貢献したいものです。
2008/02/21(木) 21:15 | URL | Radeomania #GCA3nAmE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://xbox360watch.blog81.fc2.com/tb.php/589-f5cb1196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。