Xbox360、PC、A&V、アニメ等を本音でつぶやくblog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遅くなってしまいましたが、Xbox360アーケードセットについてボソボソ語りたいと思います。
ぶっちゃけると、HDMIに対応したコアシステムにXBLAタイトルの入ったディスクを付けた。
以上。
これだけだと身の蓋もないので、もう少し。
360アーケード本体
ディスクトレイの色が従来のてかてかシルバーから白に変更されているようです。
でもあのダサイてかてかシルバーが360らしさだと思うので、これは個人的に微妙。

発売日は、3月6日で、\27,800。
3月のプラチナコレクションに合わせての発売のようです。

同梱ディスクに収録されているXBLAタイトルは次の5つ。
「フィーディング フレンジー」(800マイクロソフトポイント)
「Pac-man Championship Edition」(800マイクロソフトポイント)
「Luxor 2」(800マイクロソフトポイント)
「UNO」(400マイクロソフトポイント)
「Boom Boom Rocket」(800マイクロソフトポイント)
単純計算で普通にDLすると、実質5400円かかります。
しかし収録タイトルが微妙。
付属するのは256MBのメモリユニットだけなようなので、実質セーブ専用でしょう。
とすると、もっと「Geometry Wars」や「LUMINES LIVE!」等人気があり高クオリティのものを収録した方が訴求力があったのではないでしょうか。

また同梱ケーブルは、コンポジットケーブルのようです。
惜しい。
これが通常のD端子ケーブルで、24800円とかだったら結構インパクトあったかも知れません。
コントローラーが無線なのは一歩前進。
やはり無線はいい。

しかしどちらにしろXbox360をまともに楽しもうとすると、20Gもしくは120GのHDDとD端子、RGB端子、HDMI端子いずれかのケーブルを追加購入する事になるわけで、そうするとお得感はバリューパックの方が遥かに上なわけです。
そうなると、とても微妙なポジショニング。
カジュアルゲーム目当てなら最初からWiiを購入するでしょうし、アーケードパックを設定する事自体がナンセンスだと思います。

[情報元:GAME Watch]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://xbox360watch.blog81.fc2.com/tb.php/560-fc06a0ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。