Xbox360、PC、A&V、アニメ等を本音でつぶやくblog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちまたでは朧村正のパクリゲーといわれていますが、個人的には楽しみにしています。
っていうか、XBLAでもこのクオリティのゲームはほとんどないぞ。
開発者のアニメーターさんパネェッス。

XBIGだと高くても400ゲイツ。この出来なら十分安い。
もし240ゲイツだったらかなりお得だな~。
日本でもすごい売れそう。

見た事ないっていう友人が多かったので張ってみた。

あでも動画張ると重くなるからつべのリンクで勘弁してください。

と思ったけど、続きに直張りします。
[Elysian Tail: Dust面白そうですよね]の続きを読む
スポンサーサイト
マイクロソフト XNA ゲームソフトウェアコンテスト 2010
忘れそうなのでメモ。
受賞作品とか後でチェックしたい。盛り上がってるなぁXNA。
ゆっくりの迷宮とか、ニンジャチョップとか。
Xbox360のインディーズゲームまで作れてしまう(というかそれがメイン)、Windowsのゲーム開発環境であるXNAですが、ゲームを作る時に困るのがフォントです。
MSゴシック等の著作権はリコーにあり、スプライトフォントでラスタライズしたフォントを使うのは著作権違反になるかもしれません。(細かいところはフォント毎の規約を見ないとわかりません)

数字やアルファベットくらいなら自前で用意してもいいのですが、日本語を使う時はそうもいきません。
かといって、著作権フリーで商用利用もOKな使いやすいフォントはなかなかありません。

ようやくみつけたのがUMEフォントさんでした。

でもそういえば、メイリオってVistaの為に開発されたフォント。
ってことは、著作権はMSが持ってる事になるわけで・・・。
ならもしかしてメイリオが使えるならメイリオでいいんじゃないかなぁ。
と思ってちょろちょろ調べてみましたところ、それらしいものが。

<[フォント]メイリオはWeb・印刷・映像でも使用しても良い>
[情報元:たまには書くぞDTPさん]

MSに聞いてみた人のお話を引用したみたものの引用です。

Microsoftに直接聞いたという人のお話を引用する。

「メイリオ」フォントもあくまで、Windows の一部として提供されているものとなるため、そのフォントが添付された Windows 上で、何らかの Windows アプリケーションを使って作成したデータ (静止画、動画、フラッシュアニメーションなど) の中で、文字やグラフィックスとして表示されるということであれば、「フォントを埋め込む」にはあたりませんし、許諾されている使用方法として問題ございません。

また、それを Web その他のメディアにて公開いただくことも可能です。



という事でWindowsでWindowsアプリケーションを使用して文字やグラフィックスとして使う分には問題なさそうです。

ただしちょっと気になるのが”そのフォントが添付された Windows ”という件。つまりVistaに7なら問題はないが、XPはダメという事になるのでしょうか?

XPでもVisualStudioExpress2008をインストールすると一緒についてくるのですが、これが”そのフォントが添付されたWindows”扱いになるのかどうかが気になります。
添付したのがMSのソフトだから大丈夫そうな気もします。

きっと大丈夫だと信じて、使おう!XNAでメイリオ!

※2010/3/27修正
XNA Todayさんに取り上げて貰ったので適当な状態なのも良くないと思い、MSに凸してみました。

MSが権利を持っているメイリオだからといって特別扱いはなく、画面表示や印刷以外の使用は許諾されないそうです。
ゲームはもちろん映像やWebも2次使用にあたり、許諾されないので記事のリンク先を鵜呑みにすると痛い目にあいそうです。
しかし、許容される範囲でのフォントの埋め込みは良いとありました。
フォントの埋め込みは、一般的にPDFファイルに必要最低限なフォントデータを埋め込む事を指すようなので、フォントとして再利用できないレベルでテクスチャとして使う場合許容されてもいいような気もします。
とはいえ明確に許諾するとの返事は頂けなかったので、使わない方が良さそうです。
(テクスチャとして使ったとしても、Windows上で画面表示として使うなら良いという解釈もできそうな)

という事でとりあえずフリーフォントな梅フォントを使うのが良さそうかな?

ああフォントの著作権ってややこしい。
8月11日にアップデートされるという、Xbox LIVE インディーズ ゲームを裏で支えるサイトとも言うべき、XNA クリエーターズ クラブ オンライン 日本語サイトがオープンしたそうです。
XNAクリエーターズクラブオンライン公式サイト
[情報元:XNA Japan Team Blog]

これからはXNAでゲームを作った場合こちらで公開して他の方のレビューを受けXbox360のLIVE上に自分の作ったゲームが並んでいくという事が実現する事になりますね。

今はまだまだ海外のがそのまま日本語化したという感じですが、既にこっそり気になっているクリエーターの方が幾人かおられるので動向が気になります。

私も・・・前向きに善処したいと思います。
まず始めに、この「0から始めるXNA」は今までプログラムをやった事のない人も、
XNAをきっかけにして簡単なゲームを作れるようになる為に、基礎的な解説や支援をしていくエントリーです。
また皆さんと一緒に自分も基礎的なプログラムを組んでいきたいと思っています。
よろしくお願いします。

またこの0には、ソフト0、知識0、費用0の意味合いを持たせています。

※管理人はプログラムのエキスパートでもなんでもなく、Cはポインタまでは分かる、VBはちょい触った、JavaはMIDP2.0のサンプルを写したといった程度のスキルなのでツッコミどころ満載だとは思いますが、温かい目で見守って下さると嬉しく思います。
また間違い等あれば、ご指摘お願いします。


第一回目となる今回は、基本的なサイトの紹介と、PCでXNAを使ってゲームを作る為の開発環境のセットアップの解説をしたいと思います。(まぁ公式サイト見ながらでも十分なんですが、注意点もあるので一応)
またXbox360があれば、Xbox360でも動くゲームも作れますが、その為には有料の会員登録が必要であり、またXbox360で動かす為の準備もあるのでそのうち説明したいと思います。

セットアップの解説等続きは以下より
[0から始めるXNA その1『開発環境』]の続きを読む
というか2chの【Xbox360】 XNA Game Studio その4 【C#】スレひげねこ氏が登場し、かなりの良スレになっているようです。
452レスから登場。
それまでは罵詈雑言の憎悪に満ち溢れた収集のつかないような状態だったのですが、ひげねこ氏登場以降異常に建設的なスレになってます。
あくまでMSとは関係なく氏の個人的な発言とはいってますが、結構ぶっちゃけてて大丈夫ですか?
とか思っちゃいます。
というか95%くらい理解できないレベルの話なのでちんぷんかんぷんですが、氏のみんなもXNAでゲーム作ろうぜ!という発言に大分心動かされるものがあります。
あとは360で1コア1スレッドでパフォーマンス出すのは大変なのよという事でXNA開発用のPCは当分このままでいいかなと思いました。
#ネイティブで同クロックのPentium4の2/3程度のパフォーマンス。これがXNAになるとさらにPowerPC初のCLR動かしてるので、実パフォーマンスは推して知るべし。みたいです。でもシェーダはばりばり使えるしGPUは結構暇しているそうなので、GPUを使ったプログラミングを心がけるといいのかもしれません。(今度は自分の開発環境でテンパりそうですが・・・)
まぁなんかしら形にしたいと思いました。たとえ痛くても・・・。
まぁまだ開場まで一時間近くあるわけですが…
早く着きすぎたので浅草見物と洒落こんでいます。刃物屋で両手剣とかダガーとか見て興奮してます。いやぁ刀剣いいですねぇ。
ではまた。(^∀^)

※今さきほど家に着きました。(現在0:57分)
飯食ってからレポートまとめたいと思います。
遅くなったのはイベントのあと秘密の会合があったからです。
いやぁ、疲れましたf(^▽^)
用件はもちろんこれです。
今回は3人でいきます。
後半の例の会合には副管理人(アドバイザー)のP氏同伴の元参加します。
(分かる人だけ、よろしくおねがいします。)
今回は新調したデジカメで写真ばりばり撮りまっせー。
たぶん100枚くらい撮ってきて、全部ブログにうpします。

次のイベントにはオレも出品したいと考えていますが、今回の作品に打ちのめされたらその限りではありません。
サンプル最小データ

なにしろ2週間(最初の1日意外ほぼさばり)でこれしかできていませんから・・・。
しかも720pにしようかしら?とか戯けた妄想を繰り返しているので手に負えません。
が開発環境が整いつつあるので、がんばれば何か形にはできそうです。
特にいままで培ったExcelVBAのテクを駆使して、使いやすいツールを作って行きたいと思ってます。

とりあえず今日は情報収集だけで終わりました。
そろそろ具体的にあれこれ組んでみたいところですが、モチベーションが続かない・・・。
シンプルゲームでこれだ。先がおもいやられるよ。
やっぱり最初は、
①サイコロゲーム
②スロットゲーム
③ブロック崩し
この定番でしょうかねぇ?w
Xbox LIVE community gamesが発表されたそうです。
これはMicrosoftが以前から提唱してきたゲーム版YouTubeを実現させるシステムのようです。

ひにけにXNAより引用

ゲームの登録手順の概略は以下のようなっています。
 ○ゲームを作る(大事なことなので忘れないように)
 ○ゲーム登録
   >コミュニティゲーム登録サイトで作ったゲームを登録する(クリエータークラブ会員であることが必要)
   >ゲーム内の暴力表現等の有無は自己申告
 ○ピアレビュー
   >他のクリエータークラブ会員が登録されたゲームをダウンロードする
   >ゲームの評価をする
   >一定のレビュー数に達した時点でコミュニティゲームとして登録される
 ○コミュニティゲームを遊ぶ
   >登録されたゲームはXbox LIVEアーケードのゲームと同じようにXbox LIVE マーケットプレースからダウンロード、遊ぶことができる


ゲーム登録サイトにゲームを登録し、クリエータークラブ会員のレビュー数が一定以上になる事で、Xbox360上のXboxLiveマーケットプレースからダウンロードできるようになるようです。
無料・有料の設定もできるようです。
またゲーム登録サイトに登録するためには、クリエーターズクラブの会員でなければなりません。
まぁレビューを通ればXbox360上で実行されるわけで、デバッグする為にもクリエーターズクラブ会員への加入は必須といえるでしょう。
また実績・ゲーマースコアは適用されないようです。リーダーボートも使えないようです。
(自分でリーダーボードが実装できれば良いのですが)

条件に違反したゲームはMicrosoftが無条件に削除する権利を持っています。
無申告の暴力表現や性的表現、差別表現、著作権の侵害等が適用されそうです。
特に一番難しいのが著作権でしょう。
レビューを通ったゲームが数多くなった場合Microsoftが審査しきれるのか。
ニコニコ動画のように著作者が申告する事によって削除する事ができるような無法状態になるのか。

しかし、これでXNAでゲームプログラミングをするメリットが格段に上がったと言えそうです。
有料にした場合の料金設定や、売り上げの支払い等まだ未知の部分が多いですが、個人でコンシューマー機を対象としたゲーム制作が可能になるというのは画期的な事だと思います。
英語に対応させれば、北米の広い市場を対象にできる事も(一般のゲーム企業と同様ですが)特徴だと思います。

[情報元:ひにけにXNA][IT media]
さすがに昨日の今日だ。
モチベーションは溢れんばかりに、垂れ流し続けている。
その勢いで、さくら水産でなかおち定食を食した後、近場の本屋へ。
さらっとC#の本を物色。
・・・。
うーむ、VisualC#の使い方とかフォームがどうのとかそんな本ばかり。
一応言語はCがそこそこ、Javaがそれなり、C++はちょっぴりわかる程度だけど、学校をやめてからまともに触ってるものと言えばExcelVBAだけ。
Web情報だけで、まぁなんとかなるか。
とはいっても時間がないので短期集中寄り道しねぇ!
あれだ、げんしけんで本を作ってねぇ!
咲「つくることだけやれ!」
まさにそういう状態に持っていくしか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。